鳩は住宅街に巣を作り被害をもたらすので駆除が必要

地中からの侵入

シロアリ被害

アリには様々な種類がおり、人間に危害を加えるタイプも存在するのです。またクロアリやシロアリはアリの中でも代表的な存在で仙台にもたくさん生息しています。そんなシロアリが新しい巣を作り、移動を開始する時期には羽根アリと呼ばれるシロアリが大量に発生します。この羽根アリを自宅の近くで見た場合には、シロアリが自宅に巣を作っている可能性があります。またクロアリも巣を作るときに羽根アリとなり長距離移動するのです。クロアリの場合は、仙台のホームセンターなどで販売されている置き型の殺虫剤を利用して手軽に対処できますが、シロアリはそう簡単に対処できるものではありません。仙台だけではなく、各地に存在するシロアリはそれぞれ種類が違い、対処方法が異なるので、素人が簡単に駆除することはできないのです。シロアリが侵入する場合80%が地中からと言われており、気づいた時には侵入が進んでいる場合が多いので、早急な対応が必要になります。シロアリをしっかり駆除したい場合には、専門業者に問い合わせてみることからはじめましょう。シロアリ駆除の業者は仙台にたくさんありますが、どんな方法で選ぶかしっかり考えておく必要があります。仙台のシロアリ駆除業者が駆除に使う方法は基本的に2つに分かれます。それはベイト工法と薬剤工法です。料金にこだわる人は薬剤工法を選び、安全性にこだわる人はベイト工法を選ぶ方がよいでしょう。大きな違いは薬剤を使うか、使わないかになります。薬剤工法は名前の通り薬剤を使用しシロアリを駆除します。この方法は比較的安いですが、場合によって自宅に穴を開ける事が多く、臭いがあり、人体にも影響があるため気をつける必要があります。ベイト工法は家庭に小さなお子さんがいる場合や、家庭菜園をしている家庭に向いています。こちらは薬剤を使用せず安全性に特化しています。臭いもなく家を傷つける必要もありません。薬剤工法より料金は高くなります。