鳩は住宅街に巣を作り被害をもたらすので駆除が必要

不安は解消されている

シロアリ

シロアリが自宅にいる場合は、甚大な被害が予想されるため早急に駆除業者に依頼する事が一般的になっていますが、業者が行なうシロアリ消毒工事は様々な不安があります。シロアリ消毒工事はどのように行なうのでしょうか。シロアリ消毒工事はほとんどの場合、台所や洗面所の床下収納口から入ります。シロアリが床下に巣を作っている事がほとんどだからです。作業自体は20坪前後の面積で約2時間くらいかかります。そこで気になるのが、シロアリ消毒工事に使う薬剤は人体に危険はないのかということです。2003年にメディアなどに取り上げられた防蟻剤が人体に危険を及ぼし話題になりました。しかし、現在では使用禁止になり使っている業者はいなくなっているのです。またシロアリ消毒工事をすればシロアリが完全にいなくなるか気になります。現在の駆除業者では、最新機器を使い完全駆除が可能になっています。業者により異なりますが、基本的にシロアリ消毒工事の作業終了後には保証期間がついているのです。このように今では様々な不安は解消されています。では、どういった場合シロアリ消毒工事を依頼するのでしょうか。一般的には羽根がついた羽根アリが発生した場合被害が出ているというサインになります。羽根アリを発見したら、業者に調査及び、見積りを依頼するとよいでしょう。その際、家の図面があれば用意しておくと作業がスムーズにいきます。調査や見積りが終われば、施工する料金や日取りなどを相談すると良いでしょう。